政策

  1. 観光のまちを創り上げていく中で、どのようにまちなかを再生させていくのか。まちの高齢化や空洞化に歯止めを掛けるためにも明確な方向性を見出していきます。
  2. 人権の名のもとに横行する子供中心主義は子供たちを不幸にします。子供がまず身に付けるべきものは社会のルールと規範意識です。そのためにも道徳を学ぶことは必須です。今すぐ道徳教育の導入を推進しなければなりません。
  3. 市が100億円近いお金を貯め込んでも決して松阪市は元気になりません。財政を安定的に発展させるには、無駄な支出を削るのと同時に、如何に収入を増やしていくかも併せて考えていかなければなりません。景気と雇用対策を図らなければなりません。